動画保存ツール
ダウンロード
どんっ(衝撃)持ち歩きに便利どんっ(衝撃)
動画をiPodやPSP用に高速変換できるツール
無料ダウンロード>>

2010年10月08日

【動画】ほんとにあった怖い話  心霊スポット


   ケイコ最低……パンチ

        こんな友達イラナイヨネ...

posted by 動画の花子 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当にあった怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

本当にあった怖い話 格安物件の悲惨な過去


      66.gif 66.gif 66.gif 66.gif 66.gif 66.gif



怪談百物語 芸人:ライセンス・藤原一裕
   『大阪のマンション』

大阪にて藤原さんがマンションを決めようと不動産屋へ…

そこで10畳のワンルームの部屋を勧められる

    家賃は¥36,000/月..........
      (難波でこの家賃は安すぎる…)



曰く付き物件は怖いですね…
一人暮らしの人にはキツイ動画でした..  
   tamaani9.gif     


                                       怖い話もSeesaaブログで…

posted by 動画の花子 at 04:44| Comment(0) | 本当にあった怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

(動画)怖い話 愛人のマンション

「あの」事件の起きた物件は今は誰か住んでたりするの‥‥?

犯行現場が“自宅”“被害者宅”なんて事件や、変死体が発見されるニュースは、ほぼ毎日どこかで起こっていますよね‥

中には、遺体がしばらく放置されていたり‥(後に腐乱死体で発見される)

浴室で遺体をバラバラに‥なんてキチガイ的な犯人による事件も多い

このような事件でなんらかの関わりがある物件を“いわくつき”物件・若しくは“特別募集住宅”と言う

“特別募集物件” という呼び方では、市営・県営などの建物の募集時に良く見かけるけれど“いわくつき”物件の呼び方はあまり聞かない‥

というのも、事件が起きた事を話さなければいけないのは、次に住む住民のみだから

事件の起こった物件にその後、誰か住んだ事にすれば(書類上)その後の住人に事故の話を通達する義務が発生しない(法律上)

知らず知らずの間に自分も “いわくつき”物件に住んでいる可能性もありえるから怖い




posted by 動画の花子 at 18:15| Comment(1) | 本当にあった怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。